シン-エイク成分とフィロックス成分の相互作用

シン-エイク成分とフィロックス成分の相互作用

シンエイク成分とフィロックス成分は神経筋肉の接合部分において作用を及ぼす。

それぞれ間違った箇所で機能する。

⇒フィロックス成分:細胞の下部であるシナプス膜の前部にて機能する。
⇒シンエイク成分:細胞の上部であるシナプス膜の後部にて機能する。

フィロックス成分:フィロックス成分は、カテコールアミンの放出のほぼすべてを停止させて 阻止し、2つの細胞間にあるスペースを拡大させる。

シンエイク成分:シンエイク成分は、自身を同器官に固定させることにより、 カテコールアミンの放出をブロックする。

フィロックス成分+シンエイク成分

表情線に対するダブルアクション作用!