シン-エイク成分の作用

シン-エイク成分の作用

シン-エイク成分の作用

イオンチャンネルの中のシナプス膜(細胞の下部である神経細胞の連接部)の後部において作用する。

カテコールアミンは自分自身で、イオンチャンネルないに固定できない。

ナトリウムイオン(Na+)はもはや筋肉細胞に侵入することが出来なくなる。

だから、筋肉をリラックスした状態に保つことができる。