エリクソン ラボラトワの歴史

ひとりの科学者から、すべては始まりました...

エリクソン ラボラトワ研究者 1950年代、一人のスウェーデン人研究者がいました。
アルバート・エリクソン博士です。
フランスへ移り住んだ彼は、生物学者であり研究者として、1912年に薬学分野における ノーベル賞を受賞した有名な生物学者、アレクシスカレル博士の門下生になりました。
医薬と研究に人生をささげたエリクソン博士は病院に勤務し、火傷を負った皮膚組織の修復と その手術の専門医となりました。
のちに夫人となる女性との出会いにより、エリクソン博士は新天地に目覚めました。
資格を有したビューティシャンであったエリクソン夫人は、夫であるエリクソン博士の能力に驚き、 彼女のクライアントの肌も診てもらうように依頼しました。
結果は大きく上回るものでした。
エリクソン ラボラトワ研究 1962年、エリクソン夫妻は、エリクソン博士の開発した「セルセラピー」を盛り込んだ トリートメントを実施する、エリクソンビューティートリートメントセンターを最初に オープンさせます。
エリクソン博士の開発した「セルセラピー」とは、当時スイスで非常に流行していた、生きた 細胞の抽出液を使った、有名なスイスのクリニカル手法であったのです。
この手法はダメージを受けたお肌に大変高い効果を発揮し、大きな成功を収めました。
1983年には、リディ・ドゥ・マーティンという女性がそこに新たな生命を吹き込みました。
彼女はさらにブランドを確立させ、国内のディストリビューションの成長に貢献し、1993年には グループ会社に引き継がれ、大規模な国際ビジネス展開がひろげられるようになったのです。
今や、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなどさまざまな国で取り扱われ、成功を収めている 「エリクソン ラボラトワ」が日本に満を持して上陸いたしました。